一般病院と専門クリニックのAGA治療の違い

AGAという症状は、一昔前では中高年の問題とされ、悩む男性は多かったものの治療法が確立されておらず、本格的な治療は行われていませんでした。しかし、フィナステリドやミノキシジルといった薬を使った治療法が確立されると一気に普及し、さらに若年性の脱毛症も一般的になり、広く認知されることになったのです。

 

結果的にAGAを専門で治療するクリニックができ、さらに一般病院でもその他の診療科目と同様に設置され、治療が受けられるようになりました。大雑把な話をすれば、どの病院でもAGAの治療は可能ですが、本格的に薄毛をどうにかしたいと考えるならば、専門のクリニックに通うべきだと言われています。

 

皮膚科などの一般の病院では他の治療と同時に行っているので、入念な頭皮のチェックといったものは行われておらず、簡単な問診と診察だけとなっています。また、処方される治療薬は日本で認可されているフィナステリド製剤のみで、その他の方法は提示してもらえません。

 

専門のクリニックにかかるのであれば、頭皮の状態をチェックしたり血液などの検査を行い、薄毛の症状を確認して、治療に最適な方法を提示してくれます。

 

また、治療薬もフィナステリド製剤のみでなく、発毛剤やサプリメントなど患者の状態や症状に合わせて変更され、髪の毛の悩みを聞いてもらえたりカウンセリングをしっかりと行ってくれます。

 

専門のクリニックは都市部に集中しており、地方の人では交通の便などの問題でなかなか治療を受けることはできませんが、薄毛に関する実績と経験を持つ専門医が担当してくれるので、治療費に多少のお金がかかってもかかりたいという人も多いようです。