間違いやすい育毛剤と発毛剤

世の中には髪の毛に効果のあると言われるヘアケア商品が数多く存在し、薄毛に困っている人々が購入しています。

 

しかし、販売されている中には発毛剤や育毛剤といった名称で売られており、どう違うのか分からないけど、何となく髪の毛には効果がありそうだから買っているという人も少なくないようです。発毛剤と育毛剤は頭皮の環境を改善する点と、薄毛の改善または予防するという点では同じものですが、髪の毛に働きかける点においては大きな違いがあります。

 

まず、発毛剤は発毛促進剤とも呼ばれており、髪の毛が抜け落ちてしまった頭皮から、新たに発毛を呼び起こすためのものです。働きかけるのは髪の毛の発生に関して重要な役割を持つ毛母細胞で、この細胞を活性化させることで再び発毛が行われるようにします。

 

対する育毛剤は今ある髪の毛に働きかけるもので、髪の毛に良い栄養成分や血流を促進させる成分を含み、髪の毛を丈夫に育てることで抜け毛の予防を行います。フケやかゆみを抑える成分も含まれており、頭皮環境を整えることで発毛にも期待ができるようになります。

 

ただし、育毛剤は強い発毛作用はないので、髪の毛を失っている人が発毛を求めた場合は、発毛剤を使用するのが最も適しています。育毛剤は髪の毛を育てたり、抜け毛の予防に使用するもので、発毛に期待して使用するのは不適切と言えます。

 

育毛剤は基本的にどんな状態でも使用できますが、発毛剤は脱毛の症状によっては効かないものもあるので、使用する前に必ず自分の症状を確認しておきましょう。